HOME > 使用マニュアル
使用マニュアル
  1. ご使用の前に
  2. ご使用に当たって
  3. 原材料の登録
  4. 文科省食品データベースから原材料のデータを入力(文字列検索)
  5. 文科省食品データベースから原材料のデータを入力(分類検索)
  6. 原材料の表示
  7. 原材料の修正
  8. 原材料の削除
  9. 自家製原材料の登録
  10. 自家製原材料の表示
  11. 自家製原材料の修正
  12. 自家製原材料の削除
  13. 自家製原材料に修正を加えて新たに登録
  14. 製品の登録
  15. 製品ページの表示
  16. 製品原価の内訳表の表示
  17. 製品熱量・栄養素量の内訳表の表示
  18. 製品の表示ラベルの表示
  19. 製品の修正
  20. 製品の削除
  21. 製品に修正を加えて新たに登録
  22. ページの印刷
  1. 原材料・自家製原材料を分野から探す
  2. 原材料・自家製原材料を文字列検索で探す
  3. 製品を分野から探す
  4. 製品を文字列検索で探す
  5. 原材料一覧を表示する
  6. 自家製原材料一覧を表示する
  7. 製品一覧を表示する
  8. 製品一覧(原価のみ)を表示する
  9. 登録データをエクスポートする
  10. 登録データをインポートする
[ページトップへ]  
   
(1)原価計算女王は、インターネットに接続されているWindows 8~11のOSを搭載したパソコン上で動くソフト(アプリケーション)です。DVD版とダウンロード版がありますが、内容は全く同じです。

(2)原価計算女王は「原価計算女王3.0」(3.0の部分はバージョンナンバーで、バージョンアップの際は変更になります)の名前のフォルダの中に、「原価計算女王3.0.exe」のファイルが入っています。「原価計算女王3.0.exe」がプログラムファイルになりますので、これをダブルクリックするとソフトが立ち上がります。

(3)原価計算女王は、他の多くのプログラムのようにインストーラーによる面倒なインストール作業は必要なく、「原価計算女王3.0.exe」のファイルが入った「原価計算女王3.0」の名前のフォルダを中身ごと、デスクトップなどのわかりやすい場所にコピーするだけで、インストールは完了です(ダウンロード版の場合は「原価計算女王3.0.zip」をダウンロードして、デスクトップなどのわかりやすい場所に展開(解凍)し、「原価計算女王3.0.exe」のファイルが入った「原価計算女王3.0」の名前のフォルダを生成させるだけでインストールは完了です)。アンインストールする際は、「原価計算女王3.0.exe」のファイルが入った「原価計算女王3.0」の名前のフォルダを中身ごと削除するだけです。

(4)原価計算女王を立ち上げると、My Document の中に「GenkaKeisanJouou」という名前のフォルダが自動的に生成され、原価計算女王で書き込んだ様々なデータは、すべてこのフォルダ内に保存されるようになっています。このフォルダの名前を変更したり、中にあるファイルをいじったりすると、ソフトが正常に動作しなくなりますので、ご注意ください。
My Document の中の「GenkaKeisanJouou」「GenkaKeisanJouou(BackUp)」のフォルダは、ユーザー様がそれまで登録してきた大切なデータが格納されいるフォルダですので、絶対にいじったり削除したりしないでください。削除しますと、原価計算女王は、購入時の、データが空の状態になってしまいます。

(5)原価計算女王の開発チームは、皆様から寄せられる要望に目を通し、可能な限りそれらを実現するべく、日々地道なプロググラム開発を行っています。おおよそ半年から1年に1回、ソフトのエディション、またはバージョンの更新を行っていて、その際は、ユーザー様がソフトを立ち上げたときに、自動的に新しいエディション、またはバージョンに更新されるようになっています。しかし、その更新の間の期間にもソフトは日々改善されていて、半年から1年に1回のソフトのエディション、またはバージョンの更新時以外のタイミングでも、ダウンロードできるソフトは新しくなっていますので、1~2か月に1回程度、当サイトのダウンロードページから、その時点でアップされている原価計算女王の最新版をダウンロードして展開した上でお使いいただくことをお勧めします。
 

[ページトップへ]  
一つのライセンスで、複数のパソコンで使用可  
(1)原価計算女王は、一つのライセンスで、複数のパソコンで使用することができます。例えば、お店のパソコンで使っていて、作業の続きを自宅のパソコンでしたい場合は、お店のパソコンで作業を完了したら、ソフトを閉じる前に、データをエクスポートしてください(エクスポート方法はこちら)。エクスポートで、フラッシュメモリー等にデータを書き出し、書き出したデータを自宅に持っていきます。メールに添付して自宅のパソコンに送っても大丈夫です。書き出したデータはZIPファイルになります。次に自宅のパソコンにも原価計算女王をダウンロードして頂き、ソフトを立ち上げ、同じライセンスキーで認証して、ソフトを使える状態にします。そして、会社のパソコンでエクスポートしたデータファイルをインポートします(インポート方法はこちら)。そうしますと、自宅のパソコンの原価計算女王が会社のパソコンの原価計算女王と同じ状態になりますので、会社のパソコンで行っていた作業の続きが自宅のパソコンでできるようになります。
 

 
 
一つのライセンスで、同時に複数のパソコンで使用することはできません  
(2)原価計算女王は、一つのライセンスで、複数のパソコンで使用することができますが、同時に複数のパソコンで使うことはできません。例えば、お店のパソコンのソフトでライセンス認証して、次に自宅のパソコンのソフトでライセンス認証をすると、お店のパソコンのソフトは使えなくなります。再びお店のパソコンで使うためには、改めてお店のパソコンのソフトを同じライセンスで認証する必要があります。つまり、同じライセンスで使用するパソコンを変更する場合は、その都度、同じライセンスで認証する必要があるということになります。
 
 
 

[ページトップへ]  
(1)トップ画面の「原材料登録」ボタンをクリックして、原材料登録フォームを表示させます。

(2)原材料登録フォームを表示させたら、必要事項を入力して、「登録」ボタンを押します。
 
(3)原材料の登録が完了すると、「登録しました」とのメッセージが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)原材料登録フォームを表示させ、一番下の「文科省食品データベースより入力」ボタンをクリックします。
 
(2)「文科省食品データベースより入力」ボタンをクリックすると、「食品成分データベース(文科省)」フォームが表示されます。

(3)「食品成分データベース(文科省)」フォームの検索ボックスに、キーワードを入力して検索ボタンをクリックすると、キーワードに関連する食品のリストが表示されます。

(4)表示された食品のリストの中から必要なものを選んでクリックすると、右側の枠にその食品のデータが表示されます。

(5)選択した食品をさらにダブルクリックすると、その食品の熱量、脂質、食物繊維総量、食塩相当量、たんぱく質、炭水化物などのデータが、「原材料の登録フォーム」の該当する入力ボックスに自動的に入力されます。原材料名、備考についても、食品成分データベースに掲載されているものが入力されますので、これらについては必要があれば書き変えてください。その他、ゲンザイリョウメイ、原材料分類、価格など必要事項を入力して、「登録」ボタンをクリックすると、原材料の登録が完了します。
 

[ページトップへ]  
(1)原材料登録フォームを表示させ、一番下の「文科省食品データベースより入力」ボタンをクリックします。
 
(2)「文科省食品データベースより入力」ボタンをクリックすると、「食品成分データベース(文科省)」フォームが表示されます。

(3)「食品成分データベース(文科省)」フォームの分類名の左側の+マークのボタンをクリックすると、その分類に登録されている食品のリストが表示されます。

(4)表示された食品のリストの中から必要なものを選んでクリックすると、右側の枠にその食品のデータが表示されます。

(5)選択した食品をさらにダブルクリックすると、その食品の熱量、脂質、食物繊維総量、食塩相当量、たんぱく質、炭水化物などのデータが、「原材料の登録フォーム」の該当する入力ボックスに自動的に入力されます。原材料名、備考についても、食品成分データベースに掲載されているものが入力されますので、これらについては、必要があれば書き変えてください。その他、ゲンザイリョウメイ、原材料分類、価格など必要事項を入力して、「登録」ボタンをクリックすると、原材料の登録が完了します。
 

[ページトップへ]  
(1)登録した原材料は、トップウィンドウの左下のリストボックスにリストとして表示されます。そのリストの中のひとつの原材料をクリックすると、その原材料のページが、右のメイン枠に表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)一度登録した原材料のデータを修正するには、トップウィンドウの左下の枠の原材料・自家製原材料リストの中から、修正したい原材料を選択した状態で、右クリックすると、ストリップメニューが表示されますので、その中から「原材料の修正・削除」を選んでクリックします。すると、選択した原材料の修正・削除ウィンドウが表示されます。

トップウィンドウの左下の枠の原材料・自家製原材料リストの中から、修正したい原材料を選択した状態で、「編集」メニューの「原材料の修正・削除」をクリックしても、選択した原材料の修正・削除ウィンドウが表示されます。
 
(2)原材料修正・削除フォームを表示させたら、必要な修正を加えて、「修正」ボタンを押します。
 
(2)原材料の修正が完了すると、「修正しました」とのメッセージが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)一度登録した原材料のデータを削除するには、トップウィンドウの左下の枠の原材料・自家製原材料リストの中から、削除したい原材料を選択した状態で、右クリックすると、ストリップメニューが表示されますので、その中から「原材料の削除」を選んでクリックします。

または、トップウィンドウの左下の枠の原材料・自家製原材料リストの中から、削除したい原材料を選択した状態で、「編集」メニューの「原材料の削除」をクリックします。


(2)「原材料の削除」を選んでクリックすると「削除してもよろしいですか?削除すると、削除した原材料が、登録済の製品に使用されている場合、その製品の原価や熱量などが正確に計算できなくなります。」との確認メッセージが表示されますので、削除してもいい場合は、「OK」を押します。削除しない場合は、「キャンセル」を押します。

すでに、自家製原材料、製品に使用している原材料を削除すると、当然ながら、その自家製原材料、製品の原価や熱量、栄養量が計算できなくなります。削除した原材料が配合に書き込まれている自家製原材料、製品を表示させると、そのページの最上部に、黄色いバナーとともにその旨が表示されますので、その自家製原材料、製品の修正フォームを表示させて、削除した原材料の部分を削除するか、別の原材料に置き換えてください。削除した原材料が配合に書き込まれた自家製原材料、製品は、「ツール」メニューの「削除原材料使用自家製原材料」「削除原材料・自家製原材料使用製品」をクリックすると、その一覧表が表示されます。
 
(3)原材料の削除が完了すると「削除しました。」とのメッセージが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)トップ画面の「自家製原材料登録」ボタンをクリックして、自家製原材料登録フォームを表示させます。


(2)自家製原材料登録フォームを表示させたら、必要事項を入力して、「登録」ボタンを押します。

※入力項目について
自家製原材料名:自家製原材料の名前を入力します。
ジカセイゲンザイリョウメイ:自家製原材料の名前をカタカナで入力します。これは、原材料リストを五十音順で並べるときなどに使用されます。
分類:分類をプルダウンリストから選択します。
配合種別:配合をグループ化したいときに入力します。
配合:自家製原材料の配合を入力します。入力方法は3つあります。1つ目は、プルダウンリストから選ぶ方法です。配合の入力ボックスの右端の矢印をクリックすると、プルダウンリストが表示されます。プルダウンリストは五十音順になっています。2つ目は、文字列検索により、原材料を探して入力する方法です。配合の入力ボックスの右の「S」ボタンを押すと、検索フォームが表示されます。キーワードを入力して「検索」ボタンを押すと、キーワードを含む原材料が表示されます。該当する原材料が複数ある場合は、順番に表示されますので、目的の原材料が表示された時点で「はい」のボタンを押すと、その原材料が配合の入力ボックスに入力された状態になります。
 
 
(3)自家製原材料の登録が完了すると、「登録しました」とのメッセージが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)登録した自家製原材料は、トップウィンドウの左下のリストボックスにリストとして表示されます。そのリストの中のひとつの自家製原材料をクリックすると、その自家製原材料のページが、右のメイン枠に表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)トップ画面の左下のリストの中から、修正したい自家製原材料を選択して右クリックすると、メニューリストが表示されますので、その中から「自家製原材料の修正・削除」をクリックして、自家製原材料の修正・削除フォームを表示させます。
 
(2)家自家製原材料の修正・削除フォームを表示させたら、必要な修正を加えて、「修正」ボタンを押します。


(3)自家製原材料の修正が完了すると、「修正しました」とのメッセージが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)トップ画面の左下のリストの中から、削除したい自家製原材料を選択して右クリックすると、メニューリストが表示されますので、その中から「自家製原材料の削除」をクリックします。

 
 
(2)「削除してもよろしいですか?削除すると、削除した自家製原材料が、登録済の製品に使用されている場合、その製品の原価や熱量などが正確に計算できなくなります。」との確認メッセージが表示されますので、削除してもいい場合は、「OK」を押します。削除しない場合は、「キャンセル」を押します。

 
 
(3)自家製原材料の削除が完了すると、「削除しました」とのメッセージが表示されます。

 
 

[ページトップへ]  
(1)トップ画面の左下のリストの中から、新たに登録したい自家製原材料を選択して右クリックすると、メニューリストが表示されますので、その中から「自家製原材料の修正・削除」をクリックします。

(2)自家製原材料の修正・削除フォームを表示させたら、必要な修正を加えて、「新たに登録」ボタンを押します。

 
 
(3)「新たに登録」を実行すると、修正を加えた製品が、別に新しい商品として追加登録されます。すでに登録してある製品に修正を加えるだけなので、製品の新規登録ができるので、登録作業の手間が軽減されます。登録が完了すると「登録しました」というメッセージが表示されます。

 
 

[ページトップへ]  
(1)トップ画面の「製品登録」ボタンをクリックして、製品登録フォームを表示させます。

(2)製品登録フォームを表示させたら、必要事項を入力して、「登録」ボタンを押します。
 
(2)製品の登録が完了すると、「登録しました」とのメッセージが表示されます。

 
 

[ページトップへ]  
(1)登録した製品は、トップ画面の左上のリストボックスにリストとして表示されます。そのリストの中のひとつの製品をクリックすると、その製品のページが、右のメイン枠に表示されます。製品ページは5種類あって(原価計算女王3.0エディション2の場合)、「製品ページ」メニューの「製品データ」をクリックすると、製品の原価や熱量、栄養量、配合、工程などが載ったページが表示されます。原価と熱量、栄養量などが載ったレシピ表のような感じです。
 

[ページトップへ]  
(1)トップウィンドウの左上の製品リストの中のひとつの製品をクリックすると、その製品についてのページが、右のメイン枠に表示されますが、その際に、「製品ページ」メニューの「原価の内訳」をクリックすると、その製品の原価の内訳表が表示されます。


※使用料、税込価格、税抜価格は、各材料の表示値の合計値と合計の行に表示されている合計値が一致しない場合がありますが、誤りではありません。一致しない場合がある理由は以下の通りです。
例えば税込価格が以下の様な場合は...
材料名 表示値 実際の計算値
強力粉 53.73 53.73468905
イースト 0.76 0.76395188
油脂 4.87 4.87108674
0 0
合計 59.37(上記表示値の合計は59.36) 59.36972767 >>
実際の計算値は、割り切れずに小数点以下が長い数値なる場合がほとんどですが、画面に表示する場合は、小数点第3位を四捨五入した数字を使います。しかし、実際の計算は、すべて小数点以下が長い正確な数字を使って行われますので、表示値を合計した数値と、実際の計算値を合計した数値を小数点第3位で四捨五入した数値が一致しない場合が出てくるということになりす。上記の表では、表示値を合計した数値は59.36となりますが、合計値の表示値は59.37となっています。
 

[ページトップへ]  
(1)トップウィンドウの左上の製品リストの中のひとつの製品をクリックすると、その製品についてのページが、右のメイン枠に表示されますが、その際に、「製品ページ」メニューの「栄養の内訳」をクリックすると、その製品の熱量、栄養量の内訳表が表示されます。製品の熱量、栄養量の内訳表は、製品1個分と製品100g分があります。

※使用料、熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量は、各材料の表示値の合計値と合計の行に表示されている合計値が一致しない場合がありますが、誤りではありません。一致しない場合がある理由は以下の通りです。
例えばたんぱく質が以下の様な場合は...
材料名 表示値 実際の計算値
強力粉 17.76 17.76468905
イースト 0.08 0.08371967
油脂 0 0
0 0
合計 17.85 17.84840872
実際の計算値は、割り切れずに小数点以下が長い数値なる場合がほとんどですが、画面に表示する場合は、小数点第3位を四捨五入した数字を使います。しかし、実際の計算は、すべて小数点以下が長い正確な数字を使って行われますので、表示値を合計した数値と、実際の計算値を合計した数値を小数点第3位で四捨五入した数値が一致しない場合が出てくるということになりす。上記の表では、表示値を合計した数値は17.84となりますが、合計値の表示値は17.85となっています。  
[ページトップへ]  
(1)トップウィンドウの左上の製品リストの中のひとつの製品をクリックすると、その製品についてのページが、右のメイン枠に表示されますが、その際に、「製品ページ」メニューの「食品表示ラベル」をクリックすると、その製品の表示ラベルが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)製品修正・削除フォームを表示させ、必要な修正を施し、「修正」ボタンを押します。

 
 
(2)製品の修正が完了すると、「修正しました」とのメッセージが表示されます。

 
 

[ページトップへ]  
(1)製品修正・削除フォームを表示させ、「削除」ボタンを押します。

 
 
(2)「削除してもよろしいですか?」との確認メッセージが表示されますので、削除してもいい場合は、「OK」を押します。削除しない場合は、「キャンセル」を押します。

 
 
(3)製品の削除が完了すると、「削除しました」とのメッセージが表示されます。

 
 

[ページトップへ]  
(1)製品修正・削除フォームを表示させ、必要な修正を施し、「新たに登録」ボタンを押します。

 
 
(2)製品に修正を加えての新たな登録が完了すると、「登録しました」とのメッセージが表示されます。

 
 

[ページトップへ]  
(1)「原価計算女王」で表示させた様々なページを印刷するには、トップウィンドウの「印刷」メニューをクリックし、さらに「印刷」をクリックします。すると、印刷用のウィンドウが表示され、トップウィンドウの右のメイン枠に表示されているページが印刷できます。
トップウィンドウの「印刷」メニューをクリックし、さらに「プレビュー」をクリックすると、印刷プレビューウィンドウが表示されます。
トップウィンドウの「印刷」メニューをクリックし、さらに「ページ設定」をクリックすると印刷ページ設定用のウィンドウが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)原材料・自家製原材料の登録数が多くなってくると、目的の原材料・自家製原材料を探すのが大変になってきます。そうした場合は、原材料・自家製原材料を分野別に探すことができます。まず、ツールメニューの「原材料・自家製原材料の分野」をクリックします。

(2)ツールメニューの「原材料・自家製原材料の分野」をクリックすると、「原材料・自家製原材料の分野」フォームが表示されます。分野名の前に+のマークがついている場合は、その+のマークをクリックすると、その分野に登録されている原材料・自家製原材料が表示されますので、目的の原材料・自家製原材料をダブルクリックすりと、その原材料・自家製原材料が表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)原材料・自家製原材料の登録数が多くなってくると、目的の原材料・自家製原材料を探すのが大変になってきます。そうした場合は、原材料・自家製原材料を文字列検索で探すことができます。まず、ツールメニューの「原材料・自家製原材料の検索」をクリックします。

(2)ツールメニューの「原材料・自家製原材料の検索」をクリックすると、「原材料・自家製原材料の検索」フォームが表示されます。

(3)検索ボックスに文字列を入力して「検索」ボタンをクリックすると、入力した文字列を含む原材料・自家製原材料がある場合は、その原材料・自家製原材料が選択され、表示されます。

(4)入力した文字列を含む原材料・自家製原材料が複数ある場合は、メッセージボックスの「はい」をクリックすると、順番に入力した文字列を含む原材料・自家製原材料が選択され、表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)製品の登録数が多くなってくると、目的の製品を探すのが大変になってきます。そうした場合は、製品を分野別に探すことができます。まず、ツールメニューの「製品の分野」をクリックします。

(2)ツールメニューの「製粉の分野」をクリックすると、「製品の分野」フォームが表示されます。分野名の前に+のマークがついている場合は、その+のマークをクリックすると、その分野に登録されている製品が表示されますので、目的の製品をダブルクリックすりと、その製品が表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)製品の登録数が多くなってくると、目的の製品を探すのが大変になってきます。そうした場合は、製品を文字列検索で探すことができます。まず、ツールメニューの「製品の検索」をクリックします。

(2)ツールメニューの「製品の検索」をクリックすると、「製品の検索」フォームが表示されます。

(3)検索ボックスに文字列を入力して「検索」ボタンをクリックすると、入力した文字列を含む製品がある場合は、その製品が選択され、表示されます。

(4)入力した文字列を含む製品が複数ある場合は、メッセージボックスの「はい」をクリックすると、順番に入力した文字列を含む製品が選択され、表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)登録した原材料の一覧表を表示するには、「ツール」メニューの「原材料一覧」をクリックします。

(2)原材料一覧のページには、各原材料の価格(円/g)、エネルギー(kcal/g)、脂質(g/g)、食物繊維総量(g/g)、食塩相当量(g/g)などの各情報が表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)登録した自家製原材料の一覧表を表示するには、「ツール」メニューの「自家製原材料一覧」をクリックします。

(2)自家製原材料一覧のページには、各自家製原材料の価格(円/g)、熱量(kcal/g)、脂質(g/g)、食物繊維総量(g/g)、食塩相当量(g/g)などの各情報が表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)登録した製品の一覧表を表示するには、「ツール」メニューの「製品一覧」をクリックします。

(2)製品一覧のページには、各製品の価格(円/g)、熱量(kcal/g)、脂質(g/g)、食物繊維総量(g/g)、食塩相当量(g/g)などの各情報が表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)登録した製品の一覧表(原価のみ)を表示するには、「ツール」メニューの「製品一覧(原価のみ)」をクリックします。

(2)製品一覧(原価のみ)のページには、各製品の生地原価(円/g)、製品原価(円/g)、原価率(%)の各情報が表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)原価計算女王で登録した様々なデータを外部ファイルにエクスポートすることができます。例えば、事務所のパソコンで作業をしていて、引き続き自宅のパソコンで作業したい場合などは、データをUSBなどにエクスポートして、それを自宅のパソコンでインポートします(自宅のパソコンにも原価計算女王がインストールされている必要があります)。データのエクスポートを行うには、「データ」メニューの「登録データのエクスポート」をクリックします。

(2)「データ」メニューの「登録データのエクスポート」をクリックすると、エクスポートするデータを保存するファイル名と保存する場所を指定するウィンドウが開きます。ファイル名はでフォルトでは「原価計算女王」となっています。ファイルの種類は、圧縮ファイル(.zip)になります。エクスポートするファイル名と場所が決まったら、「保存」をクリックします。

(3)「保存」をクリックすると、「登録データを選択したZIPファイルにエクスポートしてもよろしいですか?」というメッセージが表示されますので、「はい」をクリックすると、データのエクスポートが実行されます。

(4)データのエクスポートが完了すると、完了した旨のメッセージが表示されます。
 

[ページトップへ]  
(1)エクスポートした登録データをインポートするには、「データ」メニューの「登録データのインポート」をクリックします。

(2)「データ」メニューの「登録データのインポート」をクリックすると、インポートするデータを選択するウィンドウが開きます。登録データをエクスポートしたファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。

(3)登録データをエクスポートしたファイルを選択して「開く」ボタンをクリックすると、「選択した登録データをインポートしてよろしいですか?」というメッセージが表示されますので、「はい」をクリックするとデータのインポートが実行されます。

(4)データのインポートが完了すると、完了した旨のメッセージが表示されます。